冷え性の改善について

まず冷え性とは何か?という事をご説明しますね。
ご存知の事も多いかも知れませんが、おさらいのつもりで今一度ご確認下さい。

 

冷え性とは、一言で言うと血行不良です。
特に手足などの身体の末端に血流が行き届きにくくなり、冷たくなってしまう現象ですね。
原因としては、「ホルモン」と「自律神経のバランス」による影響とされています。
具体的には、
@食生活
体を冷やす食べ物の摂り過ぎ。
ダイエットなどによる栄養不足。
A冷暖房による影響
冷暖房の使いすぎによって、自律神経のバランスが崩れる事があります。
B運動不足
運動不足は体内の血流を減少させます。
また皮下脂肪は熱を伝え難く、筋肉に比べて血流も少ないのです。
男性よりも女性に冷え性が多いのは、女性の方が皮下脂肪が多い事も要因のようです。
C衣類
体に密着する衣服は、皮膚の血流を妨げ、血流を減少させます。
また冷え性の方は末端が冷たくなるので、分厚い靴下などを履かれる事が多いですが、末端を温めると体幹を冷やす事につながりますので注意が必要です。

 

逆に言えば上記の逆の事を実践する事で、冷え性を改善できると考えられます。

 

 

手軽に生姜成分が摂取できる生姜サプリ・生姜ドリンク

 

 

スポンサードリンク

冷え性の改善(具体的な方法)

女性看護師

それでは、冷え性の改善の具体策をご紹介します。
@食生活
体を温める食べ物、特に生姜は少量でも効果の高い食べ物です。
積極的に生姜を摂取しましょう。
また、栄養のバランスも大切です。
特にダイエットをされている方は、
栄養のバランスを崩さないように注意しましょう。
A冷暖房による影響
職場環境によっては、調整するのが難しい場合もあります。
その場合は、衣類で調整しましょう。
またご家庭では、なるべく冷暖房の使用を制限して、
身体の温度調整作用を活発にするよう心がけましょう。
B運動不足
軽いストレッチでも血行を良くするには十分な効果があります。
できれば習慣化して、軽くても良いので実践しましょう。
また、ウォーキングは大変効果的です。

寒い季節は難しくても、
暖かい季節にやっておくことも効果があります。
C衣類
なるべくご家庭ではゆったりした衣類を着て、
体表の血流を妨げないようにしましょう。
下着などをつけないのも効果的です。
冬場に始めるとツライので、暖かい季節から始めると
やりやすいですよ。

 

また、冬場は足が冷えるからといって、
靴下などを履かれて、就寝される方が多いですが、
かえって逆効果です。
末端を温めると、脳が勘違いして、
体幹(身体の中心部)を冷やしてしまい、悪循環になります。
末端が冷える場合は、
体幹を温めるようにします。
具体的には、腹巻や厚着でお腹周りを温めます。

 

冷え性の場合やはり冬場がツライので、
冬場になってから対策する方が多いですが、
冬場になって始めるには難しいことが多いです。
できれば冬になる前に初めて、
寒くなった時には準備万端の状態にしておく方が、
あらゆる点で有効です。

 

スポンサードリンク

生姜と冷え性記事一覧

「体を冷やす食べ物」「体を温める食べ物」という考え方は、東洋医学の考え方です。中国の「薬食同源思想」から着想を得て、日本で「医食同源」という言葉が作られました。西洋医学には本来「冷え性」という概念自体が存在しません。ですから冷え性の治療薬というものも、西洋医学の病院には存在しません。当然「体を冷やす食べ物」「体を温める食べ物」という考えもありません。以上の事を前提に、体を冷やす食べ物・体を温める食...

体を温める食べ物も、あくまで目安と捉えて下さい。また体を冷やす食べ物でも、加熱することで、体を温める食べ物になるものが多いです。合わせて参考にして下さいね。「体を温める食べ物」赤、黒、橙・黄(寒い季節・寒い地方で採れるものなど)体を冷やす食べ物穀類・豆類もち米、黒米、ごま、そば、ひえ、あわ、小豆、黒豆、くるみ、ぎんなん、松の実、など野菜・きのこ類、山菜など生姜、にんじん、ねぎ、わけぎ、かぼちゃ、ご...