もっと効く!シートマスクの+αテクニック

大人気のシートマスク。様々なアイテムが出ていますが、
どうしても少しお値段が張りますよね。
せっかく使うなら、しっかり効いてほしい!ということで、
シートマスクの効果を最大限引き出す、プチ手間テクニックをご紹介します。

 

これは、自称シートマスクマニアの友人から教えてもらったものです。

 

まず、マスクを肌にのせる前に、目回りと口周りにアイクリームを塗っておくことです。

 

マスクには当たり前ですが、目と口に穴が開いていますよね。

 

この部分がどうしても乾燥しやすいので、
先に保湿しておくことが大切なんだそうです。

 

そうしないと、マスクを貼っている10分の間、
肌が無防備な状態になってしまうとか。
これは盲点でした。

 

次に、マスクの上からラップをかぶせることです。

 

マスクにふたをすることで、マスクの水分が蒸発しにくくなり、より効果が高まるそうです。

 

これは、美容液マスクよりも、
ローションタイプのマスクの時により気を付けたいポイントだと言っていました。
これなら簡単にできますよね!

うっかり焼けちゃった!その日にやるべきこと

普段はしっかり紫外線ケアしているのに、
うっかり焼けちゃった・・・なんてこと、誰でも一度や二度はありますよね。

 

春先にまだ大丈夫だと思っていたら、急に紫外線が強くなったとか、
曇りだったのに急に晴れたとか、汗をかいて日焼け止めが落ちてしまったとか・・・

 

理由は様々ですが、
では、そんな「うっかり焼け」をしてしまった時にまずやるべきことはなんでしょう?

 

日焼けによるダメージを最小限に抑えるために、当日にやるべきケアが3つあります。

 

まず、とにかく冷やすことです。

 

日焼けは軽いやけど状態なので、まず冷やして炎症を抑えます。

 

次に、化粧水をたっぷり与えます。

 

これは、日焼けによって肌が乾燥しやすい状態になってしまっているからです。

 

最後に、美白用のシートマスクで集中ケアを行いましょう。

 

肌を引き締めながら、美白成分を肌にぎゅっと届けてくれます。

 

気を付けていても、誰にでも失敗はあるもの。
そんなときは、この緊急ケアを試してみてください♪

先人の知恵、アロエの効能

近所のおばあちゃんのところに回覧板をもっていきました。

 

ちょっとおしゃべりをすると玄関に合ったアロエが目に入り、
お手入れが上手なんですね、
という話に。。。。

 

おばあちゃん曰く、これはなくてはならない薬のようなものだとか。

 

昔からアロエは傷薬に民間療法的に使われていたという話は聞いたことがあります。

 

この年代の人は便利な薬として常備しておきたい存在みたいでした。

 

そして話は嫁さんに一鉢あげたけど、
枯らしてダメにしちゃったらしい。

 

何度かあげても枯らして、それ以上ほしいといわなくなったとのこと。

 

今は便利な時代だから、店に行けば薬は簡単に手に入るけど、
昔の人はなるべくお金はかけないで民間的な薬草でやりくりしていたという感じがしました。

 

一鉢はおいておきたい、なんでも管理って大変なんだよな、
とものを大事にする根底を感じました。

 

げんにアロエの名の付くものは多くあるし、
現物でも効果は期待できると思います。

 

私もちょっとほしくなりました。

スポンサードリンク